FC2ブログ

忠臣蔵

昨日の夜、ようやっと忠臣蔵を5冊読み終えました

読み始めは3月だっけ??

松の廊下事件や、仇討そのものの話だけではなく、徳川5代が誕生したとっから7代になるまでの長編です。

歴史が苦手な割には、よく頑張って読んだとおもいます(笑)

古文のままのとこは意味不明のままだったりするけど・・・。



感想としては、面白かったってより、勉強になりました。

史跡めぐりなんてしてみたいと思いました。

武士道とは?

忠義とは?

深かったです。





ほんと、歴史ものには興味がなかったため、恥ずかしながら、忠臣蔵は言葉を聞くぐらいで、内容を全く知らなかったです・・・

遅くはなったもののちゃんと理解できてよかった☆

上杉家はちらっと関係してるだけかと思ったら、終始関係してました

上杉鷹山ののちに、忠臣蔵に挑戦したんだけど・・・もう一度、上杉鷹山読もうかな。

そしたら上杉家のその後も、すっきり理解できそうです。



歴史って興味ないって思ってたけど、知ると面白いんだね。

何百年も前に生きた人たちの証が現代にも残ってて・・・

そもそもは、色んな歴史の積み重ねで現代があるわけだし・・・

過去を知ることは大切なんだなって、今更ながら思いました☆




blogram投票ボタン


スポンサーサイト



テーマ:読んだ本の感想等
ジャンル:小説・文学

Comment

非公開コメント

| 2020.08 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

ページトップへ